bookend from KEYRING.NET

コンテンツをDRMで保護しながら配信!
電子書籍配信プラットフォームならbookend

bookendとは

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

> bookendのしくみ

「bookend(ブックエンド)」とは?

bookendはPDF、EPUB、Officeファイルなどのコンテンツを、保護しながらマルチプラットフォームに配信できるデジタルコンテンツプラットフォームサービスです

bookendサーバ
・暗号化ツール(Javaアプリ)を提供します
配信元
・暗号化ツール(Javaアプリ)を使って暗号化します ・コンテンツのライセンス設定/変更/削除を行います ・コンテンツをWeb書庫に投入します ・閲覧者の閲覧ログを確認します
bookendサーバ
・コンテンツのライセンス認証を行います ・閲覧できる端末数や閲覧期限を管理します
閲覧者
・Web書庫からコンテンツをダウンロードします(Web書庫配信の場合)
配信元
・コンテンツの販売/課金/配信を行います ・カスタマイズアプリを提供します ・ID、PWでユーザー認証を行います
閲覧者
・コンテンツ購入/申込をします ・コンテンツをダウンロードします(ダウンロード配信の場合) ・コンテンツをオンライン閲覧します(オンライン配信の場合)

> bookendの特徴

Web書庫を使ってマルチデバイスでセキュアに共有可能

マルチプラットフォーム対応PDF、EPUB、AudioBook、Officeファイルを配信可能。
マルチデバイスWindows、Mac、iOS、Androidに配信可能。
DRM(デジタル著作権管理)機能コピーや再配布の抑止、印刷可否、画面キャプチャ防止、閲覧期間、配信端末台数などをコントロール可能。
Web書庫クラウド上の書庫でコンテンツの保存とデバイス間の同期が可能。

> 3つの配信方法

ダウンロード閲覧PULL
マルチデバイス暗号化されたファイルをWebからユーザーのbookendアプリにダウンロード
ダウンロードさせるファイルの置き場所は自社サーバでも、bookendサーバでもOK
ユーザーはダウンロードしたコンテンツをWeb書庫経由で自分の他の端末に同期可能
Web書庫配信PUSH
暗号化されたファイルを、指定したユーザーのWeb書庫にbookendサーバから配信
管理者はbookendのコンテンツID、ユーザーID、閲覧条件等を指定してbookendにコマンドを発行するだけ
ダウンロード端末数の制限もbookend側で管理
オンライン配信
bookendアプリのインストール無しで、Webブラウザのみでの閲覧も可能(Windows、Mac)

> 2つのユーザー認証方法

メールアドレスで認証(標準)
bookendアプリのWeb書庫画面でメールドレス入力
BookendサーバよりPINコードをメール送信
bookend アプリでPINコード入力
認証完了
コンテンツ配信元のユーザーDBで認証(カスタマイズ)
カスタマイズしたbookend アプリから配信元のユーザー認証ページにリンク
認証ページでユーザーID、パスワードを入力
配信元のユーザーDBで認証完了